弁護士が学校事件(いじめ、体罰など)・学校事故の被害者や遺族の相談を受け付ける全国ネットワークです。
学校事件・事故被害者全国弁護団


子どもの人権・学校問題に関する資料の紹介 ― 社会学関係の資料


著書名 出版年 出版社 著者
つながりを煽られる子どもたち――ネット依存といじめ問題を考える(岩波ブックレット) 2014年 岩波書店 土井隆義(筑波大学社会科学系教授 専門は犯罪社会学,法社会学,逸脱行動論,社会問題論)
「個性」を煽られる子どもたち―親密圏の変容を考える (岩波ブックレット) 2011年 岩波書店 土井隆義(筑波大学社会科学系教授 専門は犯罪社会学,法社会学,逸脱行動論,社会問題論)
イジメとは何か―教室の問題、社会の問題 2010年 中公新書 森田洋司(大阪市立大学名誉教授 専門は社会学(教育社会学,犯罪社会学,社会病理学,生徒指導論)
いじめの構造 なぜ人が怪物になるのか 2009年 講談社現代新書 内藤朝雄(明治大学准教授。心理社会学科 社会学,臨床社会学,心理社会学,教育社会学,心理学,政治学)
<いじめ学>の時代 2007年 柏書房 内藤朝雄(明治大学准教授。心理社会学科 社会学,臨床社会学,心理社会学,教育社会学,心理学,政治学)
学校ソーシャルワーク入門 2002年 中央法規 門田光司(久留米大学文学部社会福祉学科教授(児童福祉論、知的障害者教育概論))
子どもと暴力 子どもたちと語るために 2000年 岩波書店 森田ゆり(エンパワメント・センター主宰 立命館大学客員教授)
日本のいじめ 予防・対応に生かすデータ集 1999年 金子書房 ・森田洋司(大阪市立大学名誉教授 専門は社会学(教育社会学,犯罪社会学,社会病理学,生徒指導論),
・秦政春(大阪大学大学院人間科学研究科教授),
・若井弥一(上越教育大学名誉教授,仙台大学教授・統括副学長 教員の養成・採用・免許・研修・職務に関する研究,子どもの法的地位に関する研究,学校の危機管理と訴訟に関する研究),
・滝充(国立教育政策研究所 生徒指導・進路指導研究センター総括研究官),
・星野周弘(警察庁科学警察研究所防犯少年部長,帝京大学文学部社会学科長,日本犯罪社会学会会長など。犯罪社会学)
子どもの社会力(岩波新書) 1999年 岩波書店 門脇厚司(筑波大学名誉教授,筑波学院大学名誉教授 教育社会学)
新訂版 いじめ 教室の病い 1994年 金子書房 ・森田洋司(大阪市立大学名誉教授 専門は社会学(教育社会学,犯罪社会学,社会病理学,生徒指導論),特にいじめ問題。),
・清永賢二(日本女子大学人間社会学部教授 青少年指導,非行問題,犯罪防止論,学校安全論)