弁護士が学校事件(いじめ、体罰など)・学校事故の被害者や遺族の相談を受け付ける全国ネットワークです。
学校事件・事故被害者全国弁護団


子どもの人権・学校問題に関する資料の紹介 ― 医学関係の資料


著書名 出版年 出版社 著者
いじめは「犯罪」である。体罰は「暴力」である。 2013年 潮出版社 和田秀樹(精神科医,国際医療福祉大学大学院教授)
イメージと心の癒し 1999年 金剛出版 福島章(医学者,精神科医。上智大学名誉教授。専門は犯罪精神医学,病跡学)
非行といじめの行動科学 1997年 フレーベル館 小田晋(医学者,精神科医。筑波大学名誉教授,国際医療福祉大学名誉教授。専門は精神病理学)
アダルト・チルドレンと家族 心のなかの子どもを癒す 1997年 学陽書房 斎藤学(精神科医)
アリアドネからの糸
(※ 第T章「いじめの政治学」において,いじめについて論じられている。)
1997年 みすず書房 中井久夫(医学者,精神科医)
「いじめ」解体新書 1995年 海越出版社 天沼香(医学博士。東海学院大学教授。 専門は歴史人類学、日本近現代史。家族、移民、民族性に関する学際的研究に従事。)
いじめと妬み 1995年 PHP研究所 ・土居健郎(精神科医,精神分析家),
・渡辺昇一(弁護士)